住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる

終の棲家を選ぶ

一家

持ち家を終の棲家にする場合は、多額の修繕費や固定資産税がかかり、資産価値が低下するリスクがあります。賃貸住宅なら財産を生前に有効活用することができます。近年では高齢者が入居しやすい賃貸住宅も増えています。

ハイクラスの賃貸物件

集合住宅

東京には高級賃貸物件が多く、特に23区内には多くの高級賃貸物件があります。こうした物件はフィットネスクラブやプール等、入居者が自由に使える施設が充実していたり、コンシェルジェサービスやセキュリティも整っています。

湾岸エリアでの快適な生活

部屋

藤沢は、マリンレジャーを楽しめることから人気のある湾岸エリアです。特に、海の景色を眺めやすく、物音が響きにくく、津波の際にも避難しやすいマンションの高層階の部屋には、高い需要があります。施設が多いため暮らしやすく、県内の中心部や都内へのアクセスも良い上に、マンションの家賃は安めとなっています。

事前に知っておくこと

婦人

退去時に注意です

敷金なしのアパートやマンションを利用するときは、入居時は金額がかからなくて良いですが、退去時にお金がかかってしまう場合があるので注意が必要です。経年劣化や室内クリーニングは、通常は家賃や管理費に含まれる場合が多いですが、例えばタバコなどで汚れがひどい場合などは、退去する時に別途お金がかかる場合もあるでしょう。それ以外でも、設備の修理のためにお金がかかる場合があり、通常は敷金の中でおこないますが、敷金なしの場合はその修理費用などが退去時にかかってしまうというわけです。逆に言えば、本来は敷金が返ってくるはずなので、特別にひどい使い方をしていないのに、敷金が全く戻ってこない場合は専門家に相談してみると良いでしょう。

古い場合が多いです

敷金なし・礼金なしのアパートやマンションは、比較的築年数の古い物が多いのが一般的です。もしくは、なかなか入居者がいなくて、大家さんが少しでも早く入居して欲しいと考えている物件も敷金なしや礼金なしを宣伝する場合もあるでしょう。そういう物件は、うまく交渉すればさらに家賃を安くすることが可能です。特に、引越がメインの3月、4月以降だとなお交渉しやすいです。敷金なしの物件は、その分設備の故障などがある場合が多いので、大家さんがしっかり対応してくれる人か見極めることも大切です。駐車場などが必要な人も事前に確認しておいた方が良いでしょう。礼金は基本的に返ってこないものなので、敷金なしより礼金なしの方が物件選びでは重要です。

Copyright © 2016 住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる All Rights Reserved.