終の棲家を選ぶ|住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる

住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる

終の棲家を選ぶ

一家

持ち家のリスクとは

人生のゴールは持ち家で迎えたい、というのが昔は一般的な考え方でしたが、今では賃貸住宅を終の棲家に選ぶ方が増えています。たしかに持ち家には、資産を保有しているという満足感はありますが、それ以上に費用の負担が大きくなります。たとえ新築の家でも、住宅ローンを完済する頃には、もう耐用年数間近になっています。屋根や外壁の補修、水回りの修繕などが必要になりますし、バリアフリー改修にもお金がかかります。また固定資産税も毎年支払わなければなりません。懸命に努力して資産価値を維持しても、都心以外では不動産価格が下落傾向にありますし、天災にでも遭えば価値が急落してしまいます。このようなリスクが賃貸住宅にはありません。

入居しやすい物件も

子どもがいない高齢者世帯や、すでに独立していて帰ってくる可能性がない場合、死後に残された持ち家は空き家になります。相続では多額の税金を取られますし、相続人がいなければ国のものになります。財産を生前に有効活用するには、賃貸住宅の利用が一つの方法になるでしょう。高齢者が入居しにくいことは、従来から賃貸住宅のデメリットとされていました。しかし現在では、保証人不要で高齢者にもハードルの低い賃貸住宅が増えつつあります。こうした賃貸住宅には、あらかじめバリアフリー設備などが充実していて、暮らしやすいというメリットがあります。また同じような立場の入居者が多く、近隣同士で親しくなりやすい点もメリットに挙げられます。

Copyright © 2016 住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる All Rights Reserved.