ハイクラスの賃貸物件|住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる

住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる

ハイクラスの賃貸物件

集合住宅

借りる際の確認すべき点

東京には高級賃貸物件が多い事で知られています。家賃が数十万円から数百万円もする高級賃貸物件は特に東京23区内に多く、恵比寿や白金高輪、田園調布や代官山エリアは高級賃貸物件が多く集まるエリアとして知られています。高級賃貸物件を借りる際の注意点としては、まず第一に敷金や礼金の水準です。高級賃貸住宅は高い建築資材を用いて建設されたものが多いので、退去時に原状回復を行う際にかかる費用も一般の賃貸物件に比べると高くなるのが一般的です。そのため、通常敷金は家賃の1ヶ月ないし2ヶ月相当の金額を預託するのが一般的ですが、高級賃貸住宅の敷金の水準はこれより高いケースが多く、東京の物件の中には家賃1年分の敷金の預託を求めている物件もあります。

高級物件の特徴

東京の高級賃貸物件の特徴として、まず第一に物件の施設が充実しているという点が挙げられます。例えば、施設内に入居者が自由に使えるフィットネスクラブやプール、バーベキューテラスが付いていたり、ゲストを宿泊させる事ができるゲストルームを備えている物件があります。また、セキュリティやコンシェルジェサービスが付帯しているケースも多いです。セキュリティの観点ではオートロックや24時間駐在型の防犯耐性が整っていたりします。コンシェルジェサービスは入居者の御用聞きのような存在であり、入居者が不在時に宅配便等の荷物を一時的に預かってくれたり、クリーニングの受け渡しを行ってくれます。こうした付帯サービスが賃貸物件の価値を高めているのです。

Copyright © 2016 住居選びのポイントの一つ|敷金なしなら費用を抑えられる All Rights Reserved.